(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *神儒仏合同講演会「災害と企業倫理」
本文テキスト  神田明神(神道)、斯文会(儒教)、東方研究会(仏教)は東日本大震災と福島原発事故を受けて、「災害と企業倫理」をテーマに合同講演会を7月30日に東京の神田明神で開催した。斯文会顧問で日立建機名誉相談役の瀬口龍一氏は天災は「天命」であり、一方、「人災の大半は利害の対立や自己の衝突によって起こる」と指摘し、「他者との調和」の重要性を<強調>した。足利工業大学名誉教授の安原和雄氏は仏教経済学の視点から日本再生と企業倫理に言及し、原子力発電から自然エネルギーへの転換などを提言した。神田明神氏子総代で龍角散代表取締役社長の藤井隆太氏は、東日本大震災では被災地への医薬品提供、社会インフラ負担軽減のため1週間の企業活動の停止を行ったことなどを報告した(4日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center