(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *大震災犠牲者供養の花火 悲痛な声も
本文テキスト  東日本大震災の犠牲者の新盆の時期。追悼・供養が7月から各地で続いており、それを報じる記事から一部を紹介する。8月13日に福島県相馬市で慰霊花火大会が催される。発起人は支援活動を行っている茨城県の川田泰弘・真言宗豊山派法蔵寺住職。福島県内の犠牲者とほぼ同数の3万3千発の花火を「鎮魂と復興に市民の気持ちが一つになるよう」打ち上げる(6日付)。福島原発事故で避難中の真言宗豊山派大楽院(栖葉町)の檀家約60人が、群馬県板倉町の同派実相寺で新盆供養・施餓鬼供養を営んだ。避難のため5回の移転の末、病状が悪化して亡くなった老婦の親族は「死んでもお墓に入れず、家に帰れないなんて」と<悲痛な声も上げた>(11日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center