(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *原爆忌でも原発への疑問
本文テキスト  広島県宗教連盟は8月6日早朝に広島市の平和公園原爆供養塔前で原爆死没者慰霊行事を行い、神道、キリスト教、仏教がそれぞれの祈りを捧げた。真宗大谷派のある僧侶は原発事故について、「経済と効率を求めて人間の知恵で核の平和利用を進めた結果で、原爆を経験したにもかかわらず、無明の闇をさまよう凡夫のありようだ」と語った(9日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center