(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *韓国入国拒否三議員の支持集会
本文テキスト  <韓国が不法占拠する竹島への経由地・鬱陵島>を視察しようとした自民党の新藤義孝、稲田明美、佐藤正久の3国会議員を韓国政府が入国を拒否した問題に対し、「三議員を断固支持する緊急国民集会」が8月11日に東京の文京区民センターで開かれた。佐藤議員は竹島問題を中国やロシアも見ており、同問題は竹島だけに留まらないことを指摘。稲田議員は日韓両国の<真の友好について今一度確認する必要性>に言及した。また3議員に同行する予定で仁川空港で入国拒否された拓殖大学の下條正男教授は、韓国側が「日韓議員連盟を使って自民党にさまざまなプレッシャーをかけてきた」が、効果なく「韓国側は驚いてあのような処置をした」と<分析>した(29日付)。3議員は神道政治連盟との関わりが深い議員である。
Copyright(c) Religious Information Research Center