(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *カトリックが平和旬間 全国で諸行事
本文テキスト  日本カトリックは8月6-15日までを平和旬間とし、全国各地で平和について学び、祈り、行動する行事を行った。その一部を紹介する。広島市の世界平和記念聖堂では5日にシンポジウムが行われた。信徒の山口裕子さんは自らが「原爆孤児」であることを話した後に原発に言及、<今まで被爆者として「原子力の平和利用はあり得ない」と訴えても、悲惨な体験だけが取り上げられ、その声が消されてしまったという>。8月9日には長崎市の浦上教会で平和祈願ミサが行われた。駐日教皇庁大使アルベルト・ポッターリ・デ・カステッロ大司教が説教を行い、<長崎の苦しみも無意味ではなく、「私たちの理解を超えた方法により、神様の働きを通して、その苦しみを担う人々の生活の中でよりよい実りをもたらす」と語った>(カ14日付及び21日付。8月15日を中心としたプロテスタントの動向については9月の項参照)。
Copyright(c) Religious Information Research Center