(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *1923年関東大震災 キリスト者の受け止め方
本文テキスト  日本クリスチャンアカデミー関東活動センターは7月9日に、「関東大震災を宗教者はどう受け止めたか」をテーマとした宗教対話プログラムを東京の日本キリスト教会館で開催。内村鑑三、植村正久、柏木義円、賀川豊彦の言説について鈴木範久・立教大学名誉教授ら4氏が発題を行った。鈴木氏によると、<関東大震災が起きた当時、地震を「天譴」「警告」「摂理」とする解釈が大勢を占め、「悔い改めが必要」「犠牲者は堕落した東京市民に代わって贖罪の死を遂げた」というのが多くのキリスト者の受け止め方だった>という。また鈴木氏は「関東大震災を境に、日本のキリスト教が政府の要望に応じるかのような動きを強めていったと言える。今回の震災後の動きを見ても、ナショナリズムが強まっているように感じる」と指摘した(キ23日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center