(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆習俗・慰霊関連
記事タイトル *初盆前に区切り、遺体なき葬儀
本文テキスト  震災から5ヶ月が経とうとしている被災地では、8月の初盆を前に行方不明者の死亡届を提出して葬儀を行い、気持ちに区切りをつけようとする人々が増えているという。岩手県大槌町で2人の親族が行方不明となった男性は「死亡届を出したら二度と会えないと認めるようでつらかった」と話す。苦悩の末、初盆を前に供養をすることを決め、死亡届を出し8月7日に葬儀をあげた。同町の寺院では7月中旬頃からそれまでほとんどなかった行方不明者の葬儀が全体の半分ほどを占めるようになったという。また、同県釜石市の仏具店は「7月だけで2年分の仏壇が売れた。被災してもきちんとまつりたいという気持ちは当然強い」と語った。震災の行方不明者は、8月8日時点で4800人を超えるが、行方不明になって3ヶ月が過ぎた被災者については、自治体が家族からの死亡届を受理し、法的に死者とする措置が取られている(読売・東京・夕 8/8、同・岩手 8/10ほか)。
 [→ラーク便り51号21頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center