(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆宗教各界の対応
記事タイトル *汚染土を引き受ける寺院
本文テキスト  福島市の常円寺住職の阿部光裕氏は、東京電力福島第一原発事故による自宅や田畑の土壌の放射能汚染に不安を感じる住民が削り取った表土を引き取り、同寺が所有する山の上で処理している。汚染土の受け入れについて近隣住民に計画を説明して回った際には反対意見は出ず、作業には近隣住民や檀家など約100人のボランティアと旧知の地元企業が携わっている。同住職は「身を捨て、困難を引き受けるのが僧侶の勤め」「たかだか一寺の住職でも、信頼関係があればこれだけの行動に移せる」と述べる(毎日・東京 7/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center