(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆宗教各界の対応
記事タイトル *被災フィリピン人のために英語ミサ
本文テキスト  被災地域に住むフィリピン人たちのための英語のミサが7月6日、カトリック大船渡教会(岩手県大船渡市)で行われた。同市と隣の陸前高田市には日本人男性と結婚したフィリピン人女性が多く、同教会にはフィリピン人信者約70人が所属する。「カトリック東京国際センター」のスタッフが6-7月にかけて、信者らの精神的ケアのために家庭訪問したところ英語のミサを希望する声が多く、震災後同教会に赴任した塩田希神父がそれに応えた。信者の一人は「自分の言語で祈ることができ、ミサもより深く感じ、心が落ち着いた」と話した(岩手日報・盛岡 7/7)。
Copyright(c) Religious Information Research Center