(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *震災便乗、仏像購入勧誘トラブルが急増
本文テキスト  仏像購入の勧誘に関するトラブルが急増しており、なかには震災に便乗した悪質なものもあることが、国民生活センターの調べで8月4日、わかった。4-7月の間で同センターに寄せられた相談は、2010年同期の約1.7倍。70歳以上の女性が多く、契約金額の平均は120万円を超えている。「震災で仏像を売却したい人がいる。買えば震災で困っている人のためになる。価値があるので、後で高く買い取る」などと勧誘したり、「震災にあった人をお守りする仏像」などといって勝手に送りつけ代金を請求したりするケースもあるという(読売・東京 8/5、赤旗 8/13ほか)。
 また、「永代供養の権利を500万で買わないか」と持ちかけた上で、「震災で墓地を失い1千万円でも買いたい人がいる。100万円で予約すれば後は工面する」などと購入を迫る手口も報告されている(東京・東京 8/25)。
 これらはいずれも後で買い取られたケースはなく、詐欺的勧誘だとされている。
Copyright(c) Religious Information Research Center