(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *「高田松原」被災松のゆくえ
本文テキスト  震災で津波になぎ倒された岩手県陸前高田市の景勝地「高田松原」の松で作られ、鎮魂の思いが綴られている薪を、京都の伝統行事「五山送り火」(8月16日)の大文字で燃やす計画が7月上旬に明らかになっていたが、二転三転の後の8月12日、放射性セシウムが検出されたため京都市が中止を発表した(朝日・東京 8/13ほか)。なお、薪の言葉は、新たに燃やす予定の約1千本の護摩木に書き写された(読売・大阪 8/15)。
 14日には、成田山新勝寺(千葉県成田市)が、9月に行う震災犠牲者供養の「おたき上げ(柴灯大護摩供)」で被災松を使用することを明らかにした(東京・東京・夕 8/15)。同寺には、苦情など100件超の意見が寄せられたが、放射性物質は検出されず、9月25日には「東日本大災害復興」と書き込まれた30本の松が焚き上げられ犠牲者の冥福が祈られた(朝日・東京 9/26ほか)。
 なお、8月16日開催の「箱根強羅夏まつり」(神奈川県箱根町)の「大文字焼き」でも、被災松が供養のために引き取られ事前に公表されないまま燃やされていたことが、17日になってわかった(神奈川・横浜 8/18)。
 また、被災松から清水寺(京都市東山区)の仏像を制作する取り組みが27日から始められた。同寺が大日如来坐像の複製品の制作を京都伝統工芸大学校(京都府南丹波市)に依頼したもので、被災者らが少しずつノミを入れて削り、2012年3月11日に完成を予定している(朝日・東京 8/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center