(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *「天皇陵への立ち入り調査」YES84%
本文テキスト  産経新聞は7月8日、天皇陵への立ち入り調査についてのアンケート(ウェブ上で実施、7月5日までに6262人が回答)の結果を掲載した。「調査をさらに進めるべきか」はYES84%、「学術的見地から天皇陵を地名で呼ぶ例(応神天皇陵→誉田山(こんだやま)古墳など)が増えているが賛成か」はNO54%、「調査問題に関心があるか」はYES91%という結果。2010年6月には、大阪府の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」が世界文化遺産登録の暫定リストに入っており、調査をめぐる動向が注目されている(産経・東京 7/8)。
Copyright(c) Religious Information Research Center