(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *富士山・鎌倉、世界文化遺産への推薦決定
本文テキスト  政府は9月22日、外務省で世界遺産条約関係省庁連絡会議を開き、「富士山」(静岡・山梨県)と「武家の古都・鎌倉」(神奈川県)を世界文化遺産に推薦することを決めた。2012年2月初めに推薦書を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に提出し、現地調査などを経て、早ければ2013年6月にも登録の可否が決まる見通し。「富士山」は、富士五湖など25の資産で構成される。当初は自然遺産登録を目指したが、ゴミ問題などのため国内候補から落選。今回は、富士山の「信仰の対象」「芸術の源泉」としての価値を焦点化し、文化遺産登録の方針に切り替えた。「鎌倉」は、鶴岡八幡宮や鎌倉大仏など10の資産で構成される。当初は「古都鎌倉の寺院・神社ほか」だったが、世界に通用する「サムライ」文化を前面に出す戦略を取った(読売・静岡 7/16、同・神奈川 8/31、同・東京・夕 9/22ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center