(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆幸福の科学
記事タイトル *学園関西校の開設反対署名3万人分を提出
本文テキスト  滋賀県大津市に建設が計画されている「幸福の科学学園関西校」に関して、建設予定地周辺の11自治会でつくる「仰木の里まちづくり連合協議会」のメンバー3人が8月19日、地元住民の建設反対の署名3万816人分を市に提出した。3人は、住民の合意が得られていないと訴え、学園の建設をめぐる手続きを進めないよう要望したが、目片信市長は「学校設置の認可は県の所管で、市には権限がない」と答えたという。署名は2010年12月-11年7月にかけて集められ、建設予定の仰木の里学区では全世帯の74%の3199世帯が署名したという(京都・滋賀 8/20ほか)。
 26日、同会は3万999人分の反対署名を滋賀県に提出した。同学園関西校は2013年4月の開校を予定しており、近く県私学審議会で設置認可をめぐる審査が始まる。同会代表は住民の不安への理解を嘉田由紀子県知事に求めたが、同知事は「第三者機関である審議会で公正な審議をし、最終判断したい」「法的に問題がなければノーという権限はない」と答えた(京都・滋賀 8/27ほか)。
 [→ラーク便り51号27頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center