(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆幸運乃光
記事タイトル *恐怖を煽り祈願料、2700万円賠償命令
本文テキスト  「高島易断」を名乗る相談会で不安や恐怖心を煽られ多額の祈願料を支払わされたとして、首都圏の30-80歳代の男女10人が宗教法人「幸運乃光」(千葉県袖ケ浦市)と代表役員の男性らに計約2760万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は8月22日、請求をほぼ認め計約2720万円の賠償を命じた。判決は、幸運乃光が組織的・計画的に相談者を不安や恐怖に陥れ、不当に高額の祈願料を集める目的で人生相談会を開いていたと認定。原告らは2002年3月-07年7月、参加した相談会で鑑定士から「御祓いをしなければ事故に遭う」「水子の霊が祟っている」などと言われ、約70-700万円の祈願料を支払っていた(東京・東京 8/23、読売・東京 8/23ほか)。
[→ラーク便り43号24頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center