(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *高野山寺院名乗る永代供養権販売トラブル
本文テキスト  東京の複数の民間企業を名乗って世界遺産・高野山(和歌山県高野町)にある名刹・持明院の永代供養権の販売を高齢者らに持ちかけて金を騙し取るトラブルが、2011年1月から相次いでいるとして、同寺院がウェブサイト上で注意を呼びかけていることが7月26日にわかった。「めったに手に入らないものなので、後で高く買い取る」などと誘う手口だという。同寺院は勝手に名前を使われたとしており、被害は東京や千葉、大阪、京都、福岡など約20都府県で少なくとも34件、被害総額は約1億1500万円に上るという。購入者たちは、詐欺の疑いがあるとして大阪、千葉両府県警など各地の警察に相談し、一部の被害届は受理された(朝日・東京 7/26、紀伊民報・田辺 7/27ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center