(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *教皇の母国初公式訪問に歓迎と反発
本文テキスト  ローマ教皇ベネディクト16世は9月22-25日に母国ドイツを訪問した。教皇就任後の公式訪問は初めて。22日に行われたベルリン市内のオリンピック・スタジアムで行われたミサには約6万人が参列。宗教改革者のルターが学んだ東部エアフルトを訪問し、プロテスタントの代表やイスラム教徒とも面会した。一方で市民の間には離婚や同性愛、避妊・中絶等に対して厳格な姿勢をとるカトリックへの反発も根強く、宗教的中立を侵害するとの理由から、ベルリンの連邦議会(620人)での演説に左派系の議員約百人が欠席した。ドイツでは公職につく人物の同性愛や離婚を容認する傾向にあり、カトリックの聖職者による未成年者への性的虐待も問題視されていることから、2010年のドイツのカトリック教会脱会者は前年比47%増加していた(毎日 9/23ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center