(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *ベルリンの壁建設50年で追悼
本文テキスト  8月13日、ベルリンの壁の建設開始から50年を迎え、ドイツ各地で追悼行事が行われた。ベルリン中心部で壁の一部が残されているベルナウ通りでは壁を越えて西側に脱出しようとし射殺された人を追悼する式典が行われ、ウルフ大統領、メルケル首相らも参列した。壁を越えようとして射殺された市民は少なくとも136人。出席者は1分間の黙祷をささげ、大統領は壁の悲劇の歴史を繰り返してはならないと訴え、花輪をささげた。正午には全国でいっせいに黙祷がささげられ、同刻、ベルリン市内では教会が鐘を鳴らし、地下鉄やバスなどの公共交通機関を1分間停止した(朝日 8/14ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center