(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆スペイン
記事タイトル *フランコ総統の墓地移転問題
本文テキスト  1936年に発生したスペイン内戦で勝利し、以後30年以上にわたり独裁統治したフランシスコ・フランコ総統の墓地が、内戦の犠牲者の慰霊施設にあるために、犠牲者遺族や左派系の有識者らを中心に移転を要求する動きが広がっている。埋葬地は首都マドリード北西約60キロの「戦没者の谷」。ここに3万人ほどの犠牲者が埋葬されており、総統の墓地もこの施設内に位置している。一方でフランコ派は「墓の移転は報復で、内戦の傷をこじ開ける暴挙」と反発。国内でのフランコ評価は、左派は弾圧を強調、保守派は経済成長を強調というように二分されている。同内戦による犠牲者は戦闘と処刑をあわせて数十万人とされ、1937年にドイツ軍が参戦して行った空爆はピカソの「ゲルニカ」の主題となった(読売 7/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center