(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ】
小分類(国名等) ◆スーダン
記事タイトル *南スーダンの独立と続く南北の対立
本文テキスト  7月9日、スーダンの南部地域が独立して新国家「南スーダン共和国」(人口約850万人)が誕生した。アフリカでは54番目の新国家となる。スーダンではアラブ系イスラム教徒が多い北部地域と黒人系キリスト教徒が多い南部地域の間で20年近く内戦が続いてきた(東京・夕 7/9ほか)。
 南部独立後も北部には300万人以上の南部出身者が暮らしているが、南部への帰還の圧力が強まり、一部が「難民」化していると報道された(朝日 8/18)。また、北部ではバシル大統領がイスラム教を国教とすると宣言したのをはじめ、キリスト教会の閉鎖を要求する政府や市民の声も高まっている(クリスチャン 9/4)。さらに国境線をめぐる南北の武力衝突により、約2万人の難民が国外へ流出する事態も発生(毎日・夕 9/7)。
Copyright(c) Religious Information Research Center