(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆アフガニスタン
記事タイトル *米軍撤退と再び台頭するタリバン
本文テキスト  一時は米軍の攻撃で弱体化したかに見えたイスラム武装勢力タリバンが再活性化しており、2011年の1月から6月までに戦闘やテロで命を落とした民間人は、半年間では2001年以来最多となった(読売 7/15ほか)。米国側はタリバンとの和平を試みており(朝日 7/14)、7月14日から駐留米軍は撤退を開始し、アフガニスタン治安部隊への権限委譲も始まった(毎日 7/16)。
 駐留米軍が撤収準備を始める一方で、タリバンによる攻撃は激化の一途をたどり、7月5日には東部ヌリスタン州でタリバンと警官が戦闘になり、双方と住人あわせて78人の死者が発生した(赤旗 7/8)。28日には中部ウルズガン州で州政府庁舎が攻撃を受け、警官や職員ら計20人が死亡(毎日 7/29)。8月5日から翌未明にかけても米兵らが乗ったヘリコプターが撃墜され、38人が犠牲となった(読売 8/7)。首都カブールでは8月19日に英国政府の文化交流機関の事務所が襲撃を受けて10人以上が死亡(産経 8/20)、9月13日にも米国大使館や国際治安支援部隊本部などを狙う連続テロが発生している(産経 9/14)。
Copyright(c) Religious Information Research Center