(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆北朝鮮
記事タイトル *葬式事情
本文テキスト  北朝鮮でも以前は儒教式の葬儀が一般的だったが、1970年代から朝鮮労働党の「社会主義生活様式確立」の方針により、葬儀を簡素にするよう強要されてきた。以前は出棺までに3、5、7日葬があったが、現在は3日未満に限られるようになり、「クンジョル」という伝統的な死者に対する礼拝も黙祷に代わった。葬儀は家で行われ、かつてのように棺、米8キロ、酒が特別配給されることもなくなった。棺がないため、板の上に遺体を布で包んで埋葬することもあるという。耕地面積の確保のため火葬が義務づけられているものの、火葬場のガス不足により従来の土葬が一般的だという(東京8/10)。
Copyright(c) Religious Information Research Center