(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆韓国
記事タイトル *東日本大震災へのキリスト教界の支援活動
本文テキスト  東日本大震災で全半壊した教会を中心とする50教会を対象に、無料でLED(発光ダイオード)を用いた十字架を提供しようという日韓共同プロジェクトが立ち上がった。プロジェクトを推進するのは超教派の44団体が協力する東日本大震災救援キリスト者連絡会(DRCネット)。同連絡会実務員でジャパン・サーバント・ミッションブリッジ(JSMB)代表の牧師が被災地を訪問した際、被災した教会からの希望を聞き、韓国メーカーと相談して提供が決まった。韓国側の教会が材料費、運送費、人件費等を負担し、DRCネットが日本国内でかかる費用を負担する(クリスチャン8/21)。
 8月30日には、キリスト教系放送局CBSの常務取締役らが長崎県庁を訪れ、東日本大震災の義援金400万円を知事に託した。プロテスタント関連番組を中心に放送しているCBSは、長崎県の観光連盟と提携して韓国人向けに同県内のキリスト教関連遺産を訪れる「巡礼ツアー」を企画するなどの関わりがあることから、今回支援を申し出た(長崎8/31ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center