(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *大震災から百箇日 法要や現地の状況
本文テキスト  東日本大震災から百箇日を迎え、全国各地の本山クラスをはじめ諸寺院で犠牲者を追悼する法要が行われた。被災地では6月18日に各地で慰霊法要が営まれ、宮城県南三陸町では高野山真言宗神奈川青年教師会の有志が鉄骨のみ残った防災対策庁舎前で法要を実施した。ある僧侶は16日-18日に各地の避難所を落語家と共に慰問し、落語会やお茶会を開いた。記事には仮設住宅に入りたがらない理由として、「仕事がないのに食費、光熱費が自費になれば、義援金だけでは生活できない」との石巻市の被災者の声も伝えている(23日・30日付。中外日報21日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center