(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *学術 宗教法学会で「ライシテ」動向など
本文テキスト  宗教法学会春季学会が6月4日に龍谷大学で開催され、4人が報告を行った。伊達聖伸・上智大学准教授はフランスの「ライシテ」について最近の研究動向を紹介。従来、ライシテは「世俗主義」「政教分離」「非(脱)宗教性」などと訳されてきたが、伊達氏はイスラム系移民の社会的統合(スカーフ事件)などフランスの社会変容をふまえながらライシテの歴史的変化をあとづけ、<「世俗化」など従来の訳語だけで理解するのは難しい>と論じた(11日付)。ほかに学術関係では11日付に設立10年を迎えた東アジア仏教研究会について菅野博史・同会会長の寄稿、30日付に比較思想学会の新会長に末木文美士・国際日本文化センター教授が就任した記事あり。
Copyright(c) Religious Information Research Center