(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *東日本大震災 カトリック、聖公会など
本文テキスト  2011年度定例司教総会が6月13日-17日に東京の日本カトリック会館で開かれ、最初に東日本大震災への対応を協議し、全国支援組織図に基づき、全教区は仙台教区への復興支援を行うことを決めた(カ5日付)。すでに支援は行われており、仙台教区サポートセンターは被災各地に5月末までにボランティア1千人以上を派遣し、物資支援を行っている。現場での<ニーズは減らず、多様化>している(カ5日付)。岩手、宮城両県の三陸海岸沿いには日本人漁師らの妻になったカトリックのフィリピン人信徒がおり、「バヤニハンの妻の会」を結成している。会員100人強のうち3分の2は津波で家を失った。彼女たちは<異国の地で苦境に立たされ>る中で、協力して困難を乗り越えようとしている。そのルポ記事(カ26日付)。
 岩手県気仙沼地方の方言「ケセン語」で聖書を訳した医師の山浦玄嗣氏と、出版元のイー・ピックスも津波に襲われた。山浦氏は3月11日の被災後3日目に診察を再開。「絶望している暇などありませんでしたな。人間はいずれ必ず死ぬ。一度に何千人も死ぬから腰を抜かすだけだ。地球の歴史は自然災害の連続で、それは『宇宙の理』なので、それを受け止めるしかありません。人間個々の苦しみや悲しみとは別次元のことで、神さまに文句を言う筋合いのものではありません」(カ19日付及び26日付)。
 日本聖公会東京教区は6月11日に主教座聖堂・仙台基督教会で<地震によるすべての逝去者、困難のうちにある人々を覚える記念聖餐式を行った>。大震災被害への対策本部は新たに事務所を構え、<本格的な支援体制を整えつつある>(キ25日付)。福島県郡山市の単立・キリスト愛の福音協会関連施設で「放射能時代を生きる対策会議」が開かれ、子どものいる家庭に100万本余のペットボトル入り飲料水を配ることを決めた。同会議はクリスチャンの柴橋正直・衆議院議員(民主党)の現地視察に合わせ設定したもの(ク19日付。ク26日付に柴橋議員関連記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center