(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *避難所寺院 被災者と共に 一方、閉鎖も
本文テキスト  東日本大震災の避難所となっている宮城県気仙沼市鹿折地区の2つの寺院のレポート。曹洞宗興福寺の避難者9世帯約50人のうち、檀家は1人もなく、ほとんどが初対面の者ばかり。寺族のアイディアで入学式、誕生祝いなどのイベントを行い<大家族>のよう。「お寺を開けているだけ。苦労はありません」。また、浄土宗浄念寺は約80人が生活。震災直後、緊急支援物質を市に要請すると「寺が私的にやっている所には出せない」。現在は市の援助で仮設厨房もできた。住職は「本堂を皆さんの家だと思って使って下さい」。避難者が気を使わないよう「(支援は)ボランティアに任せています」。一方、<ある宗教施設では長期化を懸念してか、緊急避難の想定機関である3日間を過ぎた時点で閉鎖したところもあった。避難者数十人は他所へ移ることを余儀なくされた>(4月28日付、12日付、19日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center