(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *原発事故地、神社存続の危機 本庁は募金延長
本文テキスト  東日本大震災による福島第一原発事故で避難指示の出ている福島県神社庁双葉支部の神職8人が語った。神職たちは震災翌朝には神社を離れざるを得ず、その後避難所を転々とする。神社の復興、祭祀の復活への意思は強いが、神社存続の危機に直面している。ある神職は「神社に戻れるのか、それとも国有地となってしまうのか、原発の対応が決まらなければ何も考えられず、神社や氏子、そして家族の生活など何からどう考えていいのか見当もつかない。神社庁・神社本庁の対応も伺ったが、結論や答えは何も見つからない」と<困惑を隠さない>(23日付)。なお神社本庁は東日本大震災の甚大な被害を鑑みて、5月末日を期限とする神社義捐金を、いっそうの支援が必要であるとして8月末日までを第2次募集として行うことを、4月28日付で都道府県神社庁に通知した(16日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center