(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *長崎県議会が知事の護国神社参拝請願など
本文テキスト  「長崎県知事に護国神社への参拝を求める請願」が3月18日、同県議会において賛成多数で可決された。この請願は「英霊にこたえる会長崎県本部」が提出したもの。同県では春秋の戦没者追悼式が県護国神社で開催されなくなって以来、知事の参拝は途絶えている(11日付)。
 徳島県神社庁は2月22日-24日まで「沖縄南部戦跡巡拝旅行」を行った。糸満市の「徳島の塔」では慰霊祭を<斎行し>、「現在の日本が戦後の占領軍の日本弱体化政策により道義の頽廃の極みに達し、現政権の亡国的政策は容認できるものでない」と<英霊に陳謝した>(11日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center