(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *同宗連結成30周年結成式典
本文テキスト  「『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議」(同宗連)は4月13日に京都市内で結成30周年記念式典を開催。来賓代表の部落解放同盟中央本部執行委員長の組坂繁之氏は、「依然として差別は密やかに行われ続いているのが現実」と述べた。内閣官房長官などを務めた元衆議院議員の野中広務氏は記念講演のなかで格差社会が作られたことを指摘し、東日本大震災の復興に力を注ぐべき現在、「人が尊ばれ、人権が重んじられる国の再建をスタートさせるべき」と語った。翌14日に真言宗智山派宗務庁で第31回総会が開かれ、新議長に小倉秀清、事務局長に内山隆康の両氏(ともに智山派)が選ばれた。任期は2年(仏教タイムス21日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center