(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *福島原発事故被災地から
本文テキスト  カトリックは福島南部の支援をさいたま教区サポートセンターが担当。原発被害も抱え<“被災し続けている”福島>は別の問題として扱うことを同教区の谷大二司教が4月8日の仙台教区サポートセンター会議で提起。支援やケアがより長期となることが予測されるため別途検討することになった(カ17日付)。カトリック原町教会は普段は22人が集まるが4月4日現在で残っているのは4人。信徒の1人は「人間は科学を発達させましたが、自分で止めることができないものをつくりました。それは人間のおごりだと思います」(カ10日付)。
 いわき市から原発事故の難を逃れて東京の聖書キリスト教会にクリスチャン35人が3月下旬から身を寄せている。その1人は、「『神様、これほどまでにしないと人は気づかないのでしょうか』と思いました」と語り、続けて「救われている者として福音宣教は急務だと思わされています」(ク10日付。同日付に原発30キロ圏の教会の状況)。
Copyright(c) Religious Information Research Center