(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆行政の対応
記事タイトル *自治体、身元不明遺体埋葬・追悼に苦慮
本文テキスト  震災被災地の市町村が、身元不明遺体の搬送・埋葬に苦慮している。宮城県内では4月2日時点で、引き取り手がない遺体が1820体。身元不明遺体は市町村が搬送・埋葬をすると定められている。葬祭業者等の民間に依頼しているが、ガソリン不足や被災の影響で限界がある。一方、自衛隊は最大200人規模で遺体搬送にあたるが、災害派遣では初の任務で明確な定めはなく、手順等も現場で決められた。通常災害支援活動への影響も懸念されている(朝日・東京 4/4)。
 また、犠牲者の供養に際して憲法の政教分離原則に自治体が悩むケースもある。宮城県仙台市の市営墓園では4月上旬に身元不明の24人の遺骨がプレハブの建物内に安置された。市職員12人が見届けたが、仏教会からの読経の申し入れは断った。四十九日の合同供養も見送った。同県多賀城市では、市営納骨堂がなく、寺院本堂に遺骨を仮安置している。ここでも「宗教色の強い行事はしない」とし、職員の焼香や香炉設置を自粛。自治体関係者は「手厚く送られるべきなのに、心が痛む」「こういう問題は予想していなかった」と葛藤を抱えている(大分合同・大分 5/15)。
Copyright(c) Religious Information Research Center