(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆慰霊・復興行事
記事タイトル *地域の郷土芸能で復興祈る
本文テキスト  岩手県奥州市の団体「朴ノ木沢念仏剣舞」は4月17日、震災犠牲者の供養と復興への祈りを込め、大船渡、陸前高田両市(同県)の被災者24人が滞在している同市内の温泉施設で剣舞を踊った。念仏剣舞には供養や鎮魂、大地をはらい清める意味があることから、同団体の総会で今回の支援活動を企画(岩手日日・一関 4/18)。
 また、同県大槌町では5月2日、町の復興を祈り地元の郷土芸能「臼澤鹿子踊」を開催。同芸能は、明治三陸地震(1896年)や昭和三陸地震(1933年)で被災した際も、犠牲者を追悼するために舞われたと伝承されていることから、同町臼澤地区の保存会が実施した(読売・東京 5/2)。
 宮城県石巻市でも5月28日、室町時代から伝わる雄勝法印神楽が、同市で開かれた「おがつ復興市」で上演され、被災した住民らを励ました。同神楽は雄勝地区の各神社の例大祭で奉納されてきたが、震災で面や太鼓などが流され、保存会会長も行方不明になっている。会員らは「気分が沈みがちなので、元気を出して復興の第一歩を踏み出したい」と復興市の出演依頼に応じ、被災を免れた太鼓や面を集めて公演に臨んだ(河北新報・仙台 5/29)。
Copyright(c) Religious Information Research Center