(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *記憶遺産に「慶長遣欧使節関係資料」推薦
本文テキスト  文部科学省は5月11日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「記憶遺産」の登録候補として「慶長遣欧使節関係資料」(仙台市博物館所蔵・国宝)を推薦すると発表した。同遺産は、歴史的人物の直筆文書や世界史的位置づけが明確な歴史資料などが対象で、これまでに193件が登録されている。同資料は、伊達政宗が支倉常長を代表として1613年にスペインやローマに派遣した使節が持ち帰ったもので、ローマ教皇の肖像画、キリスト教の祭具などからなる。日本政府による同遺産への推薦は初めてで、藤原道長の日記「御堂関白記」とともに2013年の登録を目指す(読売・東京 5/12ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center