(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教 (現・Aleph(アレフ)、ひかりの輪)
記事タイトル *政府、教団の活動状況報告書を閣議決定
本文テキスト  政府は4月15日、団体規制法に基づき、2010年のオウム真理教の活動状況をまとめた報告書を閣議決定し、国会に提出した。報告によると、信者は国内とロシアに計約1700人。信者数は横ばい状態だが、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などインターネットを利用した勧誘活動が活発で、新規信者は35歳未満の青年層が目立つという。また教団施設では、元代表の松本智津夫死刑囚の写真を祭壇に掲げ、イニシエーション(秘儀伝授)の実践や、「尊師のために死ぬのは喜び」とする歌の合唱を行うなど、依然として同死刑囚の影響力は根強く、同死刑囚が導入したペットを信者登録する制度が復活したとの実態も明らかになった(産経・東京 4/18ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center