(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年4月-6月
号数 51
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教 (現・Aleph(アレフ)、ひかりの輪)
記事タイトル *アレフ教団施設めぐる動向
本文テキスト  アレフは3月31日までに教団施設としていた東京都世田谷区のマンションから退去した。約40人いた信者の多くは、同足立区内の施設に転居したとみられ、一部から同区に住民登録が出された。アレフは2010年3月、同区に新たな施設を取得しており、これまで新聞社の取材に対し、施設取得について「家賃支出をはじめとする経費を削減し、被害者支援団体への支払い能力の落ち込みをカバーしていきたい」と回答。世田谷区のマンションの家賃負担は月120万円だった(読売・東京 4/2)。
 一方、アレフの進出を警戒する足立区の住民らでつくる「足立入谷地域オウム真理教(アレフ)対策住民協議会」は6月11日、同区の教団施設周辺で進出阻止を求める抗議のデモ行進を行った。デモには約200人が参加。教団施設前で「施設からの退去、不動産処分、団体解散」の抗議文を読み上げた。同区によると、アレフが取得した施設には、既に45人の住民登録が確認されている(読売・東京 6/12、東京・東京 6/12)。
[→ラーク便り50号25頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center