(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年3月-5月
号数 23
媒体 国外
大分類 【3.中東】
小分類(国名等) ◆イスラエル・パレスチナ和平
記事タイトル *ハマス指導者ヤシン師殺害
本文テキスト  3月22日、イスラム原理主義組織ハマスの創設者・精神的指導者であったアフマド・ヤシン師が、イスラエル軍の武装ヘリによるガザ地区へのミサイル攻撃で殺害された。イスラエル放送は「今回の攻撃は、シャロン首相が個人的に命じたもの」と伝えており、ガザ地区のユダヤ人入植地からの撤退を計画するシャロン首相が、撤退後のハマスの勢力拡大を阻止するためヤシン師の殺害を行ったと見られている(読売、毎日 3/22)。
ヤシン師殺害を受け、ハマスは、「イスラエルのすべての家、街、通りに死をもたらす」と報復を宣言。パレスチナ民衆による抗議デモが各地に広がった。国連・EUなど国際社会からも、「国際法に反する」・「殺人行為」などとヤシン師殺害に対する批判が相次ぎ、米国も「我々は深く困惑している」としてイスラエルを批判した(朝日・読売 3/23)。
Copyright(c) Religious Information Research Center