(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *559社が被災 避難所の神社へは支援物資
本文テキスト  3月11日の東日本大震災での神社の被災状況は神社本庁によると22日現在で559社に及ぶ。写真を見ると湊神社(宮城県名取市)などは社殿をはじめすべてが津波で流され礎石のみが残る。ガレキの中に鳥居が立っている光景も多く、<残る壮絶な爪痕><広汎に続く惨状>を示している。一方、避難場所となった神社には岩手県で9ヶ所に約500人が避難したが、交通網の寸断で孤立化し食糧等の確保に苦慮。岩手県神社庁は神社本庁に支援を強く要請した。これを受け神社本庁などは支援物質を送り届けた。緊急車輌の通行許可は神道政治連盟が関係部署へ働きかけた(21日付・28日付。中外日報17日付、24日、29日付に神社界関係記事あり)。
 神社本庁は地震直後に災害対策本部(本部長=小串和夫副総長)を設置し、義捐金の募集を開始し、全国の神社には「東北地方太平洋沖地震復興祈願祭」を行うよう通知した。また賀茂別雷神社(京都市)は3月13日、東京電力の福島第一原発が被災したことから臨時祭として「放射能洩終息祈願祭」を行った。同神社は祭神名に「雷」の1字があり、電気産業の守護神として信仰がある(21日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center