(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *利他の実践 社会貢献と宗教を考える
本文テキスト  「共生社会と宗教-利他の実践は社会を救済するか?」をテーマに、社会貢献と宗教を考えるフォーラムが3月6日、同志社大学で開かれた。主催は同大ソーシャル・イノベーション研究センターなど。ホームレス支援を行っている元牧師、浄土宗僧侶、金光教教師の活動報告後、パネルディスカッション。稲場圭信・大阪大学准教授は現代社会で「思いやり格差」が生じていることを指摘したうえで、「お陰さまの念」を無自覚の宗教性と定義し、「ここに日本流のボランティアの在り方を考えてもよいのではないか」と語った。また山口洋典・同志社大学准教授は、宗教の社会的活動において政教分離の境界線が<日本独特の難しさ>を生んでいると指摘。「宗教の透明性を高め、社会からの信頼性を高めることが必要」と述べた(仏教タイムス10日付、中外日報10日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center