(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *国家祈祷会 予定通り大震災当日夜に
本文テキスト  東日本大震災当日の3月11日夜、都内のホテルで第11回国家晩餐祈祷会が交通マヒにもかかわらず予定通り開催され、申し込み420人中81人が出席した。メインスピーカーの阿久戸光晴・聖学院大学学長は、「(大地震という)避けることのできない試練に遭った時に、神様の御業が始まる入口であることをしっかり想い起こしつつ歩む者としてください」と祈った。祈祷では<会衆は床にひざまずき、特に被災した人たちのために祈りをささげた>。なお出席予定の国会議員は来られなかった(ク27日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center