(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *東日本大震災 海岸部は単立小教会多く
本文テキスト  3月11日の東日本大震災におけるキリスト教関連の被害についてキリスト教専門紙は3月段階で、<不明者多数、募る不安><全容なお不詳>としている一方、詳細な確認情報も掲載している。また<教会も地域も“まず救援”>と支援活動を開始した(以下の記述は、キ26日付、カ17日付号外及び27日付、ク27日付による)。
 仙台地区の改革派、カトリック、日基教団、同盟基督などの教会は「仙台キリスト教連合」を立ち上げ、教団ごとに異なる情報を共有してゆくことにした。しかし、被災の深刻な海岸部は単立などの比較的小さな教会が多く、情報が行き届いていないという。福島第一原発事故地域の聖書バプテスト教会(双葉郡など)は、牧師、信者とも各地への避難を余儀なくされ、「神の大家族として出エジプトのように荒野を旅することになりそうです」とホームページに書き込んでいる。支援活動も各レベルで行っており、カトリックでは仙台教区とカリタスジャパンが協力して「仙台教区サポートセンター」が発足し、ボランティア受け入れの態勢をととのえている。
Copyright(c) Religious Information Research Center