(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *「ドイツ人が明治憲法草案」 九条の和
本文テキスト  「宗教者九条の和」は2月19日、東京の梅窓院で講演会を開催し、憲法学者の井田洋子・長崎大学教授が「人類の祈り 日本国憲法―今宗教者に問われていること」と題して講演した。井田氏は憲法の成立過程に触れ、「押し付け」憲法論について「外国人がかかわったというだけで憲法の正当性を否定するのは奇妙なこと。9条改正を主張する人々が回帰しようとしている明治憲法でさえ、草案を書いたのはドイツ人」と指摘した。また意見交流では浄土宗僧侶の大河内秀氏が難民支援に携わるなかで、<湾岸戦争当時、国内の議論が9条を護るかどうかに終始し、現地の課題とは乖離していたことに疑問も抱いたと打ち明け>、「9条を日本だけが持っていても意味がない」と<提起>した(キ5日付、カ6日付。仏教タイムス2月24日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center