(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *修行者数減少 <臨済禅の危機>
本文テキスト  臨済宗妙心寺派の定期宗議会初日の2月22日に河野太通管長は<専門道場の掛搭者減少は深刻な問題>と提起した。近年、少子化等の影響により修行者数が減少、僧堂での修行が成り立たず「宗旨の体得はもとより、法式作法など、本派僧侶としての素養すら充分に修得できていないと疑われる状況」を指摘。望ましい修道形態を保つため、僧堂数の是正を求めた。しかし、解説記事によると、専門道場は<重い由緒を持つ寺院>であり、現実には多くの困難が予想されるとしている(24日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center