(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *宗教法人78条が問題に 全日仏弁護士
本文テキスト  全日本仏教会加盟団体顧問弁護士連絡会が 2月9日、京都の泉涌寺で開かれた。臨済宗妙心寺派の松井宗益宗務総長は宗教法人合併や法人売買報道について講演し、宗教法人法第78条の不利益処分禁止の見直しを提起した。これに応じて弁護士から<(判例研究などを引き)被包括関係廃止の実際の理由が宗教的対立であった事例は極めて少ないとの指摘がなされ、宗教法人法第78条の本来の目的である信教の自由を守るという目的が意味を見失っていることが示唆された>。また文化庁宗務課の多賀井満理係長は不活動法人対策の問題点として、単立宗教法人の実態把握のノウハウがないことをあげ、単立に関しては「一層厳格な認証事務」を実施すると述べた。なお、不活動宗教法人数は2004年の4
Copyright(c) Religious Information Research Center