(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *臨床僧の会が初会合
本文テキスト  「臨床僧の会 サーラ」の初会合が2月12日に京都市の花園会館で開かれ、提唱者である対本宗訓氏が「生死の問題は宗教の根幹。しかし、それに僧侶がかかわっていないのが現状だ」と指摘した。サーラは、現代医療に欠けている部分を宗教者として補完するため、僧侶がホームヘルパー2級などの資格をとって医療チームに加わることを目指しており、「医師と協力して人生の最後の期間を充実させるお手伝いをすることで、患者を救い得る」(児玉修同会事務局長)。しかし、参加者のなかからは僧侶の“偉そう”な姿勢ではチームが迷惑するのではという意見が出された(19日付。関連として、22日付に<無縁社会と終末期医療を考える>シンポジウムの記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center