(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *教職員側が逆転敗訴 国旗国歌・予防訴訟
本文テキスト  東京都立学校の教職員ら約400人が起こした「国歌斉唱義務不存在確認等請求訴訟」(予防訴訟)の控訴審判決が1月28日、東京高裁であり、教職員側が<逆転全面敗訴>となった。一審判決は校長の職務命令を違法としており、二審判決は<弁護団が想定した中で「最悪」の結果>。キリスト者の教員が国旗掲揚・国歌斉唱は「信教の自由」侵害だと主張していることに対して、二審判決は国旗国歌が「国家神道と不可分ないし密接な関係」とは一般的に認められず、入学式・卒業式等は「宗教上の行為等に当たるとは認められ」ないとした。クリスチャン教員にとっては、キリスト教徒の教義に「直接反するものともいえない」と判断した。原告のキリスト者は<東京の教育現場は意見を言うことも禁止され、疲弊しきっていて、これが全国に広がりつつある>と紙面で語っている(キ12日付。ク13日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center