(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *宗教が社会で働いていない 光真門主
本文テキスト  浄土真宗本願寺派の大谷光真門主は親鸞聖人750回大遠忌を控え、2010年12月1日に京都で、3日には東京で記者会見を行った。発言をピックアップする。(1)宗教そのものが社会で働いていないのが大きな課題。現代人の悩みに対処できる仏法・浄土真宗を積極的に訴えたい。(2)宗門改革は外向きの制度に変え、僧侶・門信徒で完結するのでなく、そこに加わってこられない人々に働きかける制度にするためのもの。(3)葬儀社にまず人々が行くのは、仏教の側が縁をつくっておく努力が充分でなかったからで、われわれが善し悪しを言う資格はない。同会見は上田紀行氏との対談『今、ここに生きる仏教』(平凡社)刊行を機会としたもの(1日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center