(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年3月-5月
号数 23
媒体 国外
大分類 【2.南アジア・東南アジア】
小分類(国名等) ◆インドネシア
記事タイトル *JI指導者バシル被告、減刑・釈放から再逮捕へ
本文テキスト  インドネシア最高裁で3月8日、イスラム過激派「ジェマ・イスラミア(JI)」指導者アブ・バカル・バシル被告の刑が禁固1年6ヶ月に減刑された。同被告はテロによる国家転覆罪などで禁固15年を求刑されていたが、入管法違反以外は事実上不問に付された。被告による政界問題暴露やJIの報復への恐れが圧力となった結果と見られている(読売、毎日 3/10)。しかしバシル容疑者は出所直後の4月30日に反テロ法違反容疑で再逮捕された。刑務所前で容疑者の支持者と警察部隊が衝突、数十人の負傷者が出た。再逮捕の背後にはテロ拡大を懸念する米国からの圧力と資料提供があったものと見られている(東京、産経ほか 5/1)。
Copyright(c) Religious Information Research Center