(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年1月-3月
号数 50
媒体 国内
大分類 【東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆宗教各界の対応
記事タイトル *宗教界の取り組み
本文テキスト  読売新聞は3月31日付の夕刊で、震災による寺社などの宗教施設の被害状況や各宗教団体の救援活動などを大きく報じた。仏教教団では東北地方に多くの寺院を有する曹洞宗をはじめ、その他宗派の被害や救援状況とともに、法要などへの影響を取り上げる。新宗教教団については、真如苑、立正佼成会、天理教、創価学会による義捐金や救援活動に注目。その他、神社界、キリスト教やイスラム教の各団体、宗教研究者の支援活動などについても紹介された(読売・大阪・夕 3/31)。
Copyright(c) Religious Information Research Center