(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年10月-12月
号数 49
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *COP10でカトリックがサイド・イベント
本文テキスト  生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)が名古屋国際会議場で開かれたが、各国の利害が交錯するなか、NGOの「ビバット・インターナショナル」がサイド・イベントとしてシンポジウムを10月26-27日に開いた。テーマは「宗教的価値観を統合しつつ、利害関係者ら(政府・企業・市民…)が環境保護へさらなる参加を―神道・仏教・キリスト教の観点から」。イベントを呼びかけた成井大介神父は「生物多様性は精神的、霊的問題にかかわるので、宗教界が自分の意見をちゃんと表すのは大事」という。なお「ビバット」は神言修道会と聖霊会が創立したもので、同シンポジウムは唯一の宗教的視点からのものだった(カ7日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center